松尾観音寺
三重県伊勢市
楠部町松尾山
TEL:0596-22-2722
FAX:0596-22-2759
松尾観音寺とは
年間行事
交通・アクセス
奉賛会のご案内
十八会
携帯からはこちら
qrcode
厄除け Q&A(本当の初午の日)

近年、お問い合わせの多いご質問を
いくつかご紹介します。


Q.いつ行けばいいのですか?
A.古来から厄除けに用いる日が決まっています。
     3月入って初めての午(うま)の日=初午
     祈願をするのが最もご利益があるとされています。

    この日に合わせて参拝して頂くのが最良です。

  ※平成29年初午大祭は、                                            3月7日(火)〜3月8日(水)です。

この日には一年間で、この日しか執り行わない
千三百年前から伝わる特別な秘法
で お祓いを致します。


Q.時間はどれくらいかかりますか?
A.受付からご祈祷終了まで約15分程度です。
(午前中の混雑時間を除く)
ただ大祭時は、特別な秘法にてお祓い致しますので
参拝が集中する10時〜正午までは大変混雑します。
この時間以外は空いておりますので、ぜひこの時間を
ずらしてお参り下さい。
※初午大祭ご祈祷受付時間: 8:00〜20:00 

 

Q.御祈祷料はいくらですか?
A.本堂へ入って頂いて、観音様の前でお一人づつ

      お名前を読み上げ、読経させて頂くことを、

      御祈祷(ごきとう)と言います。

  御祈祷料は、それぞれお願い事によっても違います

      が、五千円〜となっております。

  詳しくは、御祈祷受付の御祈祷料一覧をご覧下さい。

  また、御祈祷を御受けの方には、本年の厄除け札や

      お守りをお授け致します。

Q.カレンダーでは初午が2月になっている
のですが・・・

A.本来(古来から)の厄除けご利益日は3月に入って
    始めての午(うま)の日です。

    なぜ3月かと言うと・・・厄除け参りが始まった時代は、まだ、
 立春(2月4日)をお正月として考えていた時代で、
年は立春から節分(2月3日)までという区切りでした。

    そこで・・・2月の初めての午の日となると、
    立春(2月4日)までの1・2・3日のいづれかの日に
午の日が来てしまう年がある!?
    まだ年が明けて無いのにこれではおかしい・・・
    と言うことで古来の人々は新年=厄除け祈願=3月!
    と決めたそうです。
最近は現在の新しい暦を用いて祈願をされる
寺社もあるようですが、歴史の古い寺社仏閣では
古来からの風習を堅く守り3月に祈願祭を
執り行っております。


Q.その日に仕事・学校があって・・・
初午大祭の日は、8時〜20時まで
    ご祈祷の受付をしております。
    通勤通学前・後にもご参拝して頂けますよう
    この2日間は、ご祈祷受付時間も大祭特別時間です。

    ご祈祷の所要時間は、受付〜本堂でのご祈祷終了
まで約15分程度です。(混雑時間10:00〜正午を除く)

    また、この日に都合が悪いが
    どうしても“初午”にこだわって祈願してほしい・・・
    このような方々が沢山みえます。
    その場合には、事前に参拝され
    「受付預かり」という形で受付して頂き、
    ご祈祷は大祭当日に寺にて執り行なわせて頂きます。
    本人様は御不在で結構です。


Q.何か持って行く物はありますか?
A.特にございません。
    ですが、古来から当寺独特の風習として、
    参拝の帰りに身に付けている物を
    一つ落として行く事で一年の厄を落とす・・・
    と言われています。

    何か落としていい身近な物をお持ち頂くといいでしょう。
    (ハンカチが多いです)

 

Q.お参りは本人でなくてもいいですか?
A.結構です。
    代理参拝の方もたくさんご参拝です。
    ただ、ご祈祷受付をして頂きます際に、
    ご本人様のご住所をお書き頂いておりますので
    事前にご確認の上、お越しください。

    また、厄落としの物(ハンカチ)も
    ご本人様の物を預かって来て頂き、
    代理の参拝の方が、落として行かれるといいでしょう。


Q.厄除け参り=松尾観音寺と言われるのは・・・
A.当寺に伝わる“龍神伝説”に因んだご縁起からです。
    本ホームページ「大祭 初午」をご覧ください。


※その他ご不明な点はお手数ですが、お電話にてお問い合わせ下さい。

 

松尾観音寺の歴史・由来

 龍池山 松尾観音寺』は、約1300年前の奈良時代始め(712年)、当時の高僧「行基」が伊勢神宮参拝の折、この松尾山に雄・雌の龍が住むと伝えられる池が有ることを知り、その池のほとりに自ら観音様を刻み寺を創建したと伝えられております。

 その後は、伊勢国の国司であった北畠(きたばたけ)氏が祈願寺として守護し、その後、北畠家一統の木造(こつくり)氏が氏寺として守護してきました。

 当寺は、創建以来、本山も末寺も檀家も持たず、いずれの既成宗派にも属さない“単立”という特異な形態の祈願寺で、霊験あらたかなご本尊『十一面観世音菩薩』と脇仕の『地蔵菩薩』『毘沙門天』と龍神伝説に因み、「災難除け」「縁結び」などにたいへんご利益があるとされたくさんの参拝者が訪れます。

 現在の「本堂」は、約200年前の文政3年、総欅(そうけやき)造りで建てられ(木造長郷氏による寄進)、本堂正面一面に彫られた 欅一刀彫り龍神欄間(けやきいっとうぼり りゅうじんらんま)や、江戸時代流行となったお礼奉納の絵馬や額、約100点が収められています。

また「観音堂」は、平成10年に地元有志の発起により、全国各地の信者様からの浄財で再建されたもので、宝を授けて下さると言い伝えられる『聖観世音菩薩』をお祀りし、観音護摩奉修、座禅会なども行っております。

龍神伝説
本堂裏にある二つ池(龍池)と呼ばれる2つの池には、昔から東の池には雄龍、西の池には雌龍がそれぞれ住んでおり、観音様をお守りになっていると言われています。

今から約600年前の応永10年5月、本堂が火災に遭った際、池からその尊い二体の龍神さまがお姿を現わされました。

雄龍は燃え盛る炎を飲み込みながら舞い降り、観音様を自らの体で幾重にも巻き付け、また、雌龍は何度も池の水を炎に吹きかけ観音様を火災からお守りになったという伝説が残っております。

当寺では、この火災以降、毎月末600年の間かかさず「二ツ池」(龍池)へ御酒・卵・饌米をお供えし、お礼参りをしております。

こうした“龍神伝説”の残るこの寺は、いつしか自らが災難から逃れられた観音様と龍神様の開運招福の霊験があらたかな寺として知れわたり『災難除け』の御利益と、雌雄の二匹の龍神様が力を合わせて観音様を護られたということから『縁結び』『子授け』『安産』に御利益があると言われるようになりました。


こちらの画像をクリックして頂きますと
『龍神伝説』のアニメーションがご覧いただけます。
(参考サイト:観光三重)

龍神伝説アニメーション

※音声が自動再生されますので、ご注意ください。
十八会とは
 十八会(トワカイ)とは・・・

平成12年、市内外に住む青年有志が集まり松尾観音寺を賑わす為に結成された会です。現在会員は22名で、毎月18日の観音市や教育委員会と合同で夏休み体験実習などを企画運営しています。

◆お問い合わせ先◆
0596−22−2722
(10時〜15時まで)
十八会 事務局

奉賛会とは
奉賛会とは・・・

昭和43年9月に発足した、
寺を支援する組織です。
松尾観音奉賛会と言い、
大祭の奉祝行事、境内の整備、
松尾詣の普及などの活動を続けております。

趣旨にご賛同いただけます方は、
会員様の募集も年間を通し致しておりますので
是非ご入会頂ければ幸いです。

詳しくは当寺までご連絡ください。


TEL:0596-22-2722
FAX:0596-22-2759
| 1/1PAGES |