松尾観音寺
三重県伊勢市
楠部町松尾山
TEL:0596-22-2722
FAX:0596-22-2759
松尾観音寺とは
年間行事
交通・アクセス
奉賛会のご案内
十八会
携帯からはこちら
qrcode
 さあ!先ずはお参り                     〜一人で悩まないで〜

当寺は、人々の悩みや苦しみを取り除いて願いを叶えて下さる
と言われる観音さまと、龍神さまをお祀りするお寺で、古来から
諸願成就(様々な願い事が叶う)のお参りの方が多く訪れ
られ犖羌祷瓠覆瓦とう:観音さまの前でお経を唱え、今の
自分の心の内の願いが叶うように祈ったり、苦悩を取除いて
もらえるように祈る儀式)をお受けになります。

御祈祷の前にはどのような願い事や相談事があるかを
お伺いして、御祈祷後に御法話させて頂きます。

●御祈祷受付時間:9時〜12時、13時〜16時
 ※ご相談がお有りの方は予めお電話にて日時のご予約を
  お願い致します。

パワースポット

“パワースポット”

最近この言葉をよく聞きます。

当寺は昔から霊験あらたかな
龍神伝説の寺として有名で、「開運招福」
を願う多くの方々がご参拝頂いております。

8年ほど前でしょうか
本堂の床(ゆか)板を新しく張り替えた所、
1〜2年の間に床の一部に突如!
龍神様の姿が浮かび上がりました。

地元で「触れると幸せになれる」という噂が広まり
現在では、様々なメディアの
「パワースポット特集」に取り上げて頂きました。

多くの方々が一目お参りしたいと、
全国各地からお参りになります。

その中で、ホームページ上での
写真掲載を望まれる方も多いのですが、
やはり人が信じ心を寄せ
信仰の対象とされます龍神様を、
掲載するのは非常におそれ多い事です。

どうぞ皆様
是非ご自分の目で、そして肌で
龍神様のお力を感じてください。

皆様のご参拝をお待ちしております。

当寺が厄除・開運に御利益があると言われる訳とは・・・ 

開山された1300年前から犧匳開運瓩了として
多くの信仰を集めておりましたが、
今から600年前の龍神伝説が起源となり、
大変な災いから無事に逃れた霊験あらたかな
観音様のご利益にあやかりたい
と、さらに多くの
方々がお参りをして頂くようになりました。

龍神伝説とは・・・三重県観光連盟HPより(動画)

http://www.kankomie.or.jp/mMukashi/detail/mukashi5_oto.html
 

〜 仏前結婚式 〜
 仏前結婚式受付中!

   仏前結婚式・・・
最近当寺で観音様と龍神様の御前で式をされる方が
増えてきました。
もともと多くが仏教徒である日本人は、
教会でも・神社でもなく、嫁ぎ先の家の仏壇の前で
御先祖様に結婚の報告をして多くの縁者を招き
祝宴をすることが、結婚式と言われてきました。
近年“結婚式”の形が少し変化し、あらゆる場所、
形で執り行われるようになってはきましたが、
最近、原点へ立ち返り仏様の前で厳かに!という意味と
特に伝説のオスとメスの龍神様に御加護を頂きたいと
いうことから当寺で仏前式を挙げられる方が増えて
おります。
これから御結婚をお考えの方には是非、
他の式には無い厳粛で荘厳な仏前結婚というのも
考えてみられてはいかがでしょうか。


 
子供の厄年・・・七五三まいり
当寺は龍神伝説に因んで厄除開運のお寺として毎年三月になると
厄年と言われる年に当たる方、また今年一年の家族の無事を
祈念する方々が大勢お参りをして頂きます。
しかし意外と知られていないのが子供の厄年!七五三まいりです。
当寺では11月になると子供の成長を喜ぶと共に観音様さまや
龍神さまに無事の成長を祈るお参りで賑わいます。

御祈祷をお受けの方には子供お守り、無事成長厄除記念品を
お授け致します。
座禅会、写経会                      〜心と向き合う時間〜
当寺では団体(50名)から個人(1名)まで、皆さんの
ご都合に合わせて座禅会、写経会を行っております。
所要時間は座禅会が、何故座禅をするのか〜座禅の座り方〜
座禅〜法話で約一時間、写経会が写経の意義〜写経〜
法話で約二時間です。
初めての方でも無理なくできますので、是非 非日常の
仏様の世界を感じ、心穏やかに自己を見つめ新たな自分を
見つけませんか?

●座禅会(写経会)志納金:千円(お一人様)
●「ご昼食付」座禅の後でちょっとご褒美・・・
 座禅会(写経会)と伊勢会席料理:五千円(お一人様、
 志納金込み)
 ※会席料理は当寺門前(徒歩一分)の老舗割烹料理の
  大喜庵(宮内庁御用達)お座敷にてご用意致します。
     http://ise.ne.jp/daiki/daikian/index.html

座禅会、ご昼食共に予約制となっておりますので、お手数ですが
事前にお電話にてご希望日時をお知らせ下さい。
 
子授、安産まいり
当寺には守り神である、仲むつまじい「雄龍・雌龍」の龍神伝説に
因んで古来より「戌(いぬ)の日参りと」言う風習があり、
暦の干支十二支の「戌」の日にお参りをし、腹帯を御祈祷
してもらって着帯することを爐びあて瓩箸いぁ安産できる。
と言われ多くの方がお参り頂きます。

御祈祷をご希望の方は予めご都合のいい日などをお電話で
お問合せ下さい。
その際にご用意頂きます物などをお伝え致します。

 
| 1/1PAGES |